確定申告についてのカテゴリ記事一覧

稼げる無料のお小遣いサイトでネット収入!1円でも多く稼ぐ情報をお求めの方に役立ちますよう、星の数ほどあるお小遣いサイトを比較しています(毎日更新)

カテゴリ:確定申告について

確定申告についてのカテゴリ記事一覧。稼げる無料のお小遣いサイトでネット収入!1円でも多く稼ぐ情報をお求めの方に役立ちますよう、星の数ほどあるお小遣いサイトを比較しています(毎日更新)

2017-02-15 確定申告について
アフィリエイトフレンズというサイトで、確定申告についてのセミナーの動画をUPされています。主に、アフィリエイトの確定申告についての動画ですが、ポイントサイト確定申告にも、参考になる情報が沢山出ていました。・銀行、ASPとお金の流れが明確で個人でも調査に入られる!・サラリーマンは月2万、専業は月3万位の利益で申告義務が!・確定申告ってしなかったらどうなるの?・7年さかのぼって追徴課税がきますがレシートなど準...

記事を読む

2017-02-12 確定申告について
前回の記事に続いて、また引き続き税理士さんに記帳指導に来てもらいました。~ポイントサイト確定申告のために~記帳指導(1回目)前回の1回目の後も、10月頃に2回目、12月頃に3回目、1月末に4回目の記帳指導に来てもらえましたヽ(´▽`)/税理士「金額が合ってないねぇ・・・。」私「か、確定申告の金額、何かおかしいですか?;」税理士「いや、確定申告の金額は置いといて、帳簿の金額がおかしいですね」税理士「TATIさんの、現...

記事を読む

No Image

2016-09-06 確定申告について
私のこれまでの知識としては、給与所得がある場合、年間20万以上の所得給与所得がない場合、年間38万以上の所得で、ポイントサイトの確定申告が必要だと思っていました。※所得とは「収入から経費を差し引いた金額」です。なのですが、給与所得がある場合、年間20万以下の場合でも、所得税は申告しなくていいけど、住民税の申告は必要 という情報を頂きました。年間20万円以下だったら申告しなくていいは「ウソ」【確定申告】20万...

記事を読む

2016-08-22 確定申告について
freeeのチャットで、過去に問い合わせた内容をまた見る方法チャットで問い合わせた内容は、何度でも見直すことができます。freeeのヘルプセンターから、見れます。その際、freeeとは、また別にパスワードを設定する必要がある?そうです。(メルアドはfreeeと同じメルアドで、パスワードだけ別のを設定します。)【過去のお問合せ履歴の確認方法】1. 下記のURLをクリックし、ヘルプセンターへの移行をお願いします。 https://supp...

記事を読む

2016-08-20 確定申告について
前回の記事青色申告の無料で受けられる記帳指導に申し込んでみましたで、申し込んでいた、記帳指導に参加してきました。私は、「個別指導方式」となりました。税理士さんが家に来て下さり、1対1で記帳指導してもらえます。個別で指導を受ける前に、先に一度、講義を受ける必要があると言われ行ってきました。講義会場には50人ぐらいの人たちが集まっていて、一緒に講義を受けました。内容は、白色・青色含めて、ほぼ初めての人に向...

記事を読む

ポイントサイト・アフィリエイト確定申告の疑問点を解説してくれるオススメ動画ヽ(´▽`)/

アフィリエイトフレンズというサイトで、確定申告についてのセミナーの動画をUPされています。

主に、アフィリエイトの確定申告についての動画ですが、
ポイントサイト確定申告にも、参考になる情報が沢山出ていました。

・銀行、ASPとお金の流れが明確で個人でも調査に入られる!
・サラリーマンは月2万、専業は月3万位の利益で申告義務が!
・確定申告ってしなかったらどうなるの?
・7年さかのぼって追徴課税がきますがレシートなど準備はOK?
・副業ってどうやって会社にバレるの?対処法は?
・レビュー用に買った商品って全額経費にならないの?
・打ち合わせの食事代と家族の食事代って経費の境目は?
・青色申告で65万円の控除を受けるための手続きはいつまで?
・家賃や水道光熱費も経費になるの?
・アフィリエイターが出来る節税って?
・月に30万くらいになったら法人化の方が節税できる?


などの情報が出ています。
私のブログでも記載しているものもありますが、
詳しい人の解説で動画なのでわかりやすくてオススメです;;w
これから確定申告を初めてする方、すでに何回か確定申告をしたことがある方にも、
新たに発見できることがあると思います。

私は、レビュー用に買った商品って全部経費にならないの?とかが気になりますね;;w
ポイントサイトの100%還元にも、当てはまると思います。

確定申告についてのセミナー動画と、セミナーに来た方の質疑応答動画の2本立てで、
どちらも無料で見れます。
(ただ、3月になったら動画を削除するそうなので、視聴はお早めにヽ(´▽`)/)

まず、アフィリエイトフレンズに↓から登録して頂き、
(3分もかからないくらい簡単に登録できますヽ(´▽`)/)
アフィリエイトフレンズ

その後、アフィリエイトフレンズからメールが届きます。
そこからアフィリエイトフレンズにログインし、
トップページの左側にある「セミナー動画」をクリックすると、
そこに今年の確定申告セミナー動画があります。
無題

セミナー動画は、毎年2月中旬頃~2月末くらいまで、UPされているみたいです。
来年の配信も楽しみです(/ω\)

確定申告セミナー動画以外にも、SEOセミナー動画、アフィリエイトセミナー動画などがありますヽ(´▽`)/
 カテゴリ
 タグ
None

確定申告の記帳指導・プライベートとアフィリエイト、同じ銀行口座を使用している場合

前回の記事に続いて、また引き続き税理士さんに記帳指導に来てもらいました。
~ポイントサイト確定申告のために~記帳指導(1回目)

前回の1回目の後も、10月頃に2回目、12月頃に3回目、
1月末に4回目の記帳指導に来てもらえましたヽ(´▽`)/

税理士「金額が合ってないねぇ・・・。」

私「か、確定申告の金額、何かおかしいですか?;」

税理士「いや、確定申告の金額は置いといて、帳簿の金額がおかしいですね

税理士「TATIさんの、現在のジャパンネット銀行の残高はいくら?」

私「えーと、10万円ですね」

税理士「帳簿見ると、残高が30万円になってるよね」

私「え、どういうことですか?」

税理士「freeeの”現預金レポート”で、銀行ごとの残高を見てみたんだけど、ほら、30万円になってる」

私「あー、そりゃそうですよ。日常生活分でおろした分は入力してませんから」(←当然のように言う私orz)
※日常生活の支払いで、2016年はジャパンネットから合計20万円分引き下ろしましたが、
入力していないため、残高が20万円多くなっていました。

税理士「そうすると、金額が合わなくなるよ」

私「え?でも確定申告には必要ないですよね?」

税理士「帳簿には必要。青色は貸借対照表に事業主貸と事業主借の記載もありますし。」

私「っていうと、プライベート(日常生活)分も全部、帳簿に記載しないといけないんですか?め、めんどくさい・・・orz」

税理士「なので、プライベートと事業で、口座を分ける人もいるね。」

私「じゃあ、アフィリエイト収入や経費で使う口座とプライベート口座を分ければ、プライベートオンリーの口座の方は記載しなくてもいいんですね。」

税理士「そうですね。」

私「でも、今から分けたとしても、今年の分はすでに一緒になっちゃってます・・・。」

税理士「なので、今年の分は両方、帳簿に記載する必要があります。」

ちょっとうろ覚えですが、大体こんな感じで言われましたorz

freeeのソフトでは、プライベートでもアフィリエイトでも、銀行口座に動きがあれば、
自動的にそのデータがダウンロードされています。
ですが、確定申告には必要ないし~と思って、プライベート分は削除しちゃってました;;ww

(どうしよう、削除しちゃったし・・・。)


とりあえず、プライベートで使う分は、「事業主貸」 で良さそうです。
例えば、事業用口座から、自分の生活用の食費とか服を買うためとか、プライベートに使うためにお金を使用した場合、これに当てはまるみたいです。
あとは、水道料金とかを事業用口座から支払っている場合、ネット事業では全く使用しないので、事業主貸だそうです。

そしてプライベート収入?は、「事業主借」 で良いみたいです。
あ、プライベート収入って言うより、例えば、事業用の預金が少なくなったので、個人用の口座から入金した場合とかが当てはまるみたいです。


プライベート分は、事業主貸か事業主借で入力しちゃえばいいよ?みたいなアドバイスを頂きまして、
取り敢えず、事業主貸か事業主借で入力して、各銀行の残高と帳簿の金額を合わせました;;w

ちなみに水道料金は、事業で全く使わずプライベート分なので、「事業主貸」、
電気代は、私は60%で申請していいんじゃない?と言われたので、
一旦は水道光熱費で帳簿で上げて、あとで、確定申告書作成時に、
仕事とプライベートで兼用しているものはありますか?(家事按分)
の入力欄で、事業比率60%で入力することにしました。

帳簿入力完了。

帳簿入力完了後の、確定申告書作成時も、このように比率を入力できます。
(freeeソフトの画像です。)
無題

早速、申告書(私はB)と、青色申告決算書(損益決算書&貸借対照表)を印刷しました。

見てもらうと、貸借対照表で一部マイナスになっていて、おかしいと言われました。
無題
2016年分は、ちゃんとプライベート分も追加で入力したのに何故です?!と聞いてみると、
おそらく ”期首” が、おかしいと思うと言われました。
期首(2016年1月1日)の時点でおかしい、ということは、2015年がおかしい;;?



私「あ、もしかして2015年ので、プライベート分を入力していないせいでしょうか;;」

税理士「そうかもしれませんね。」

2015年のプライベート分の入力・・・。
私は、すでに2015年の年度締めを行っていましたが、もう一度やり直すことにしました。
これも会計ソフトですと、ワンクリックで出来ます。よかった;;w
5分ほど待ってみると、やり直しが出来るようになりました。

年度締めした後も、画面右上の「会計期間」をクリックすると、巻き戻ししてやり直せます。
無題

こんな感じで、プライベート分の記帳をしていないと、
本来の銀行通帳の残高と記帳の残高が一致しなくなります。
無題
freeeのソフトなら、残高が一致するかどうか、すぐに確認できます。
(口座→口座の一覧→口座名をクリック→タイムラインをクリックしたページから確認できます。)

2016年1月末時点で、92770円超過しているということは、
2016年1月か、2015年ですでにおかしいことになりますね。多分;;

2015年を見てみると・・・。
もはやバラバラ;;
無題

とりあえず、全部、事業主貸か事業主借で記帳して、金額の帳尻を合わせればいいはず;;
調査が入ると何か言われてしまいそうですが・・・。入らないことを祈りつつ;;
来年こそは、ちゃんとした帳簿を作らなければ・・・(/ω\)





あとは、工具・器具・備品が期首の時点でマイナスになっているのは、
貸借対照表の金額が違っているみたい。なぜ?
のサイトさんを参考にしてみると、

白色から青色に移行した年度で起こりやすいそうです。
青色で初めて貸借対照表を作成するにあたって、最初に固定資産の未償却残高を登録するのを忘れ、期末に減価償却してしまうと、減価償却分だけマイナス残高が発生してしまうんだそうです。

たしかに、白色に貸借対照表は、ありませんしね。

未償却残高というのは、減価償却した後の残高?

例えば、10万円のノートパソコンを4年で減価償却する場合、
2015年期首100000-25000=2015年期末75000円
この場合、75000円が、次の2016年の期首にならなければならない?
個人事業主なら大体は、「定額法」の、この計算でいいはず;;

えーと、つまり、去年の期末の残高=未償却残高ということですかね?;;
あ、去年の白色の「収支内訳書」→「減価償却費の計算」→「未償却残高(期末残高)」を見ると、未償却残高の金額がわかるみたいです。

ちなみに私のパターンは、ちょっとややこしくて、111666円のノートパソコン3年の減価償却なので、
最初の2015年期首が111666円-37297=2015年の期末が74369円でした。
これを2016年の期首にすれば、いいはず。

freeeのサポートにやり方を問い合わせてみると、
そもそも 最初の2015年の期首が入力されていない ので、そちらを入力しましょうみたいなことを言われました。

やり方は、「設定」→「開始残高の設定」→「開始残高を編集」
借方残高の「工具器具備品」が0円になっているので、これを修正(私の場合111666円)
入力して、「保存」をクリック。

次に貸方に、”未確定勘定”に同じ金額が記載されているけれど、これを×をクリックして消去。
次に、「開始残高の編集」→「+貸方科目を追加」をクリックすると、新たに行が追加されます。
科目を「元入金」、金額は、さっき入力した金額と同じ金額を入力。
「保存」をクリック。

こんな感じになりました。
無題

マイナスになっちゃっていた貸借対照表も、ちゃんとした金額になりました。

修正前
無題

修正後
無題





あと、前回の記事で、
ポイントサイトの100%還元が経費になるかどうかについて、
ちょっと微妙であるという情報もコメントなどで頂きまして、
気になったので改めて尋ねてみたところ、「詳しい人に聞いてみますね」
って回答で、後日、改めて聞き直したのですが、
「うーん、いいんじゃない?」というすごく適当な返事でしたorz
詳しい人に聞いてないですな、こりゃ~~ヽ(´Д`;)ノ

なので、野菜などの100%還元を購入した時は、プライベートでも使えるので「事業主貸」、
他の100%還元(スキンケア・サプリメント・健康食品など)は、
ポイントサイトに限らず、他のアフィリエイターさんも経費にしている感じなので、
こちらは経費の「消耗品費」(合ってますかね?ヽ(´Д`;)ノ)であげてみることにしました。
繰り返し購入できるタイプの100%還元広告、
(以前あった繰り返し申し込めたユーグレナの100%還元とか)は、
最初の1回目だけ「消耗品費」2回目以降は「事業主貸」にしてみました。
もう独断で適当に決めました;;w


余談ですが;;、
今回の記帳指導に来てくれた税理士さんは、事情を詳しく聞いてくれて、
「家賃6割で申請しても大丈夫ですよ~、この家の中を見た感じでは。」と言ってくれました。
私の場合、住民票が実家のままになってるので、
家は実家、事業所がこの家なら全然行けるとのことです。
でも、他の税理士さんに聞くと、2割でも多いみたいに言われるんですけどね・・・orz
ほんと、税理士さんによって言うことバラバラですw
ですが、今年は思い切って家賃6割で申請してみるつもりです。
1割を6割に出来たら、経費が20万以上増やせるので、かなり節税になりそうですが・・・;;w

記帳指導は無料なので、かなり助かりました(/ω\)

今年の分は、早くも出来上がりました。あとは提出するのみです。
今年から、マイナンバーカード、もしくは通知カード + 本人確認書類 の写しも必要になったみたいです。

最後に税理士さんから、名刺をもらいました。

税理士「もし収入がうんと上がったら、また呼んでくださいね!」

私「はい。ありがとうございましたm(._.)m」

・・・どういう意味だったんだろ?収入がうんと上がったら申告の仕方が変わるとか?
あ、もしくは、その時は有料で請負いますよって宣伝だったんでしょうかね;;w?

少し調べてみたところ、無料の記帳指導を行うと、1回当たり5000円くらい?の手当が、
税務当局から税理士さんに支払われるそうです。
あ、なので来年も指導しましょうか?って言ってくれたんでしょうかね(/ω\)
もう大体聞けたしいいかなと思って断りましたが・・・w
税理士さんには安い手当だそうですが、その後、有料の顧客になってくれる可能性もあったり、
税理士さん自身の勉強になることもあるので、引き受ける税理士さんがいるそうです。

もしやfreeeのソフトの使い方とか、ポイントサイトを全然知らない税理士さんが来たのってそれとか・・・w
色々考えてしまいましたw
うーん、私に記帳指導に来てくれた税理士さんは60代か70代くらいでしたが、
現在も色々勉強したいとおっしゃってて、すごいなぁと思いました(/ω\)
 カテゴリ
 タグ
None

給与所得がある場合20万以下の副業(ネット収入)でも、住民税の申告が必要(申告は簡単だそうです)

私のこれまでの知識としては、
給与所得がある場合、年間20万以上の所得
給与所得がない場合、年間38万以上の所得
で、ポイントサイトの確定申告が必要だと思っていました。

※所得とは「収入から経費を差し引いた金額」です。

なのですが、給与所得がある場合、年間20万以下の場合でも、
所得税は申告しなくていいけど、住民税の申告は必要
 という情報を頂きました。

年間20万円以下だったら申告しなくていいは「ウソ」
【確定申告】20万円ルールの真相

ちなみに年金所得者も、所得税は申告しなくてもいいけど、
住民税の申告は必要なんだそうです。


ただ、私も2013年にアルバイトをしながら、
ポイントサイトで稼いでおりました。(年間20万以下)

その時に、給与所得がある場合、
いくらから確定申告が必要か税務署の方に訊ねましたが、
「年間20万以上」との回答でした。

他にもサラリーマンの方などで、いくらから申告が必要か、
と訊ねた方もいらっしゃいましたが、みなさん「年間20万以上」と回答されたようです。


うーん・・・、そうだ、もう1回聞いてみよう。



質問①:給与所得がある人は、副業が20万以下でも確定申告が必要?
(私が現在もパートで働いているという設定で聞いてみました。)

税務署「20万以下なら特に必要ないですね、ただ、医療費控除とか?の申告が必要なら行ってください。」
↑すみません、ただ~のあとちょっとうろ覚えですが・・・、たしか医療費控除って言ってたはず・・・。

質問②:20万以下で所得税の申告は必要ないけど、住民税の申告は必要ですよね?
税務署「うーん・・・?いいえ、必要ありませんね。20万以下なら」

質問③:源泉徴収されている人なら必要なし、されていない人は必要とかですか?
税務署「ですから、20万以下なら必要ありません。
源泉徴収で、住民税の申告が必要かどうか判断する材料ではありません。」

質問③は、変な質問でしたかね?;;ほんと私もよくわかってないですorz

やっぱり税務署に問い合わせると、必要ないって言われますね。



私の昔の給料明細を見てみたんですが、
お給料から自動的に住民税が引かれていました。
つまり給与所得がある場合、所得税は年末調整で、
住民税は給与から、自動的に引かれているのではないかと思います。

この住民税なのですが、給与から天引きによる「特別徴収」
自分で支払う「普通徴収」があるそうです。

そして、給与所得者の場合、こんな感じの納税方法になるそうです。
会社からの給与:所得税(年末調整)・住民税(特別徴収)
副業:所得税(確定申告)・住民税(特別徴収or普通徴収?)


ネットの情報では、「年間20万以下でも住民税の申告が必要」
税務署に問い合わせた人のブログなどでは、「年間20万以下なら住民税を含め確定申告の必要なし」

全く逆の結論になっています・・・。

よし、もう1回電話してみよう。

今度は秋田県の税務署に電話してみました。




税務署「はい、所得税担当です。」

私(わー!同じ人でた;;;)
私「すみません、さっきも質問させてもらったんですが・・・。」

税務署「あぁ、はいはい。さっきの人ね。実はですね。お電話の後、ちょっと調べたんですが・・・。」

私「はい。」

税務署「年間20万以下だと、確定申告は必要ないんですけどね、地方(市だったかな?またうろ覚えです;;)
で、住民税の申告は必要なんですよ。

私「えー!そうなんですか。」
初めに電話した時と、違う結論きた。

税務署「うんでもね、住民税の申告は、確定申告より楽ですよ。ええと兵庫県の人ですよね?副業の申告は今年稼いだ分?」

私「え?あぁそうです。(←パート+年間20万以下のアフィリエイト収入がある設定)」

税務署「そうすると、年末に源泉徴収票もらうでしょ?それと、収入のわかるもの、アフィリエイト収入は、銀行とかに振り込まれてます?」

私「あ、そうですね。」

税務署「じゃあ、銀行通帳のコピーとか、収入が振り込まれているのがわかるものを持って行ったり。あと詳しいことは市役所とかに聞いてください。」(すみません、もっと具体的だったんですが、覚えきれませんでした;;とりあえず、兵庫県の人は市役所に聞いたらいいらしい?です。)

そうかー、税務署での申告は必要ないから、税務署に電話しても、
「20万以下なら申告必要ないですよ~」って言われるんですねえ。
でも、初回に電話したときは、住民税の申告も必要ないって、はっきり言われましたけどね。
これが誤解の元かも・・・。
もし2回目の電話をしなかったら、住民税の申告が必要って知らないままだったかもしれません。

ちなみに確定申告をするようになったら、住民税の申告はもうしなくていいそうです。




ほんとは、国税庁のページを読めば間違いないかもしれませんが、
【確定申告・還付申告】
内容が難しすぎ;;


ちなみに、会社に副業がバレたくない場合、年間20万以上でも、
自分で住民税を申告したほうがいいみたい?です;;w

ところで、住民税についてですが、”住民税”というだけあって(?)地域によって、
少し違うところがあるかもしれないそうです・・・??
ご自身の地域の税務署に確認していただくのが、一番確実だろうなと思います(/ω\)


時々、コメントで「私はポイントサイトの確定申告が必要でしょうか?」と質問されることがあります。
私は最近、ポイントサイトの確定申告ってパズルみたいだなと思ったりして、
パズルって、最初の方のピースを当てはめるのが一番大変?;;かなと思っています。
どこから手をつけたらいいやらってなるので;;w

なので、わかる範囲ではお答えできればと思いますが、
私からの返答内容は、あくまで参考程度に捉えて頂くようにお願いします。
(何か間違える前提みたいでアレなんですが;;
気をつけてはいるんですけど、まだまだ勘違いが多い・・・。)

とはいえ、いち個人の私より、税務署に聞いて頂くのが、
一番間違いないとは思いますヽ(´▽`)/(住民税は市役所ですかね!)
えぇ、でも税務署側がポイントサイトを知らなくて、
説明しても、わかったようなわかってないような返事をされるんですけどね・・・orz

そういえば無職の場合、年間38万以下の所得なら確定申告は必要ないのですが、
やっぱり住民税の申告は必要らしい?です(/ω\)
申告しても支払0円なので、申告しない人も多いそうですが、
その場合、国民健康保険料が高くなってしまうみたいです。
無職で収入が無くても確定申告はしなきゃいけない?

あと専業主婦の場合、こんな感じになるみたいです。
記事の一番下の表がわかりやすかったです。
専業主婦のSOHO ~収入と税金の関係~
SOHOっていうと、ランサーズとかブログライターサイト利用者のことですかね・・・??
多分ポイントサイトと計算は同じはずですが・・・?;;

追記:記事作成後、改めてまた教えて頂きました。ありがとうございますm(._.)m
もしかしたら、2017年ごろから配偶者控除が廃止されるかもしれないそうですね。
また、すでに2016年の10月から、106万の壁というのもできているそうです。
いや~びっくりしました;;大きな変化となりそうですね。
130万円の壁が崩れる?新たな106万円の壁を打破する働き方を考える!
 カテゴリ
 タグ
None

ポイントサイト確定申告・会計ソフト(freee)について

freeeのチャットで、過去に問い合わせた内容をまた見る方法


チャットで問い合わせた内容は、何度でも見直すことができます。
freeeのヘルプセンターから、見れます。
その際、freeeとは、また別にパスワードを設定する必要がある?そうです。
(メルアドはfreeeと同じメルアドで、パスワードだけ別のを設定します。)

【過去のお問合せ履歴の確認方法】
1. 下記のURLをクリックし、ヘルプセンターへの移行をお願いします。
 https://support.freee.co.jp/hc/ja
2. ヘルプセンター画面上部の「ログイン」をクリックします。

あとの手順は、こちらに詳しく書いてありました。
https://support.freee.co.jp/hc/ja/articles/203124154-%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%ABfreee%E3%81%B8%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E3%81%9F%E5%86%85%E5%AE%B9%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B


ポイントサイト換金の際、振込手数料が発生した時のfreee帳簿作成方法


例えばPexでゆうちょ銀行に換金する場合、換金手数料が50円かかります。
Pexの20000pt(2000円)をゆうちょ銀行に換金した場合、1950円 振り込まれます。

ですが、freeeの会計ソフトには、
【収入(売上高)Pex 1950円】 
の、記載しかないんですよね。

本来は、
【収入(売上高)Pex 2000円 】と、
【支出(振込手数料)Pex 50円 】に、
しなければならない、はずです。

このやり方について(freeeの場合)
A8.netで、6354円-30円=6324円を銀行へ振り込んだ例です。(30円は振込手数料)
無題

「取引」をクリック→「自動で経理」をクリック。
「編集」をクリック。
無題

画面右側にある、「複数行取引」にチェックを入れます。
無題


「行を追加」をクリック。
無題

白い空白部分をクリックし、「売上」→「売上高」をクリック。
無題

金額+振込手数料を入力。
今回は金額が6324円+振込手数料が30円なので、6354円を入力しました。
無題

「控除・マイナス行を追加」をクリック。
無題

白い空白部分をクリックし、
「税・保険・手数料」→「支払手数料」をクリック。
無題

金額に、振込手数料を入力。
無題


品目に「振込手数料」と入力。
無題

入力が完了したら、右上の「登録」をクリック。
登録ボタンが青くなっていたら、クリックすれば登録完了です。
もし登録ボタンが灰色のままだったら、金額が合っていないか、
必須項目がまだ入力されていない状態だと思います。

登録完了後、「取引」→「取引の一覧」で確認すると、
こんな感じで売上と手数料が、自動的に明記されますヽ(´▽`)/
無題




ちなみに、すでに取引を登録済みで修正したい場合



モッピーで、15030ptを銀行へ振り込んだ例です。(30ptは振込手数料)
無題

「取引」→「取引の一覧」→修正したい取引をクリック。
無題

下に画面が開きます。
「控除・マイナス行を追加」をクリック。
無題

白い空白部分をクリックし、
「税・保険・手数料」→「支払手数料」をクリック。
無題

金額は、売上高と支払手数料の両方に、振込手数料を足します。
例えば、こうなってるのを、
無題

こんな感じに。
無題

入力完了しましたら、左上の「保存」をクリック。
無題

これで手数料も入力されましたヽ(´▽`)/
無題




freee(フリー)の月額プラン


最初、私は1ヶ月無料プランに入っていました。

その後、解約しなかったので、自動的に月額980円になりました。
私が登録したときは、月額980円のプランしかなかったのですが、
今は3つの有料プランがあるようです。
フリー
スターター(月額980円税別)
スタンダード(月額1980円税別)
プレミアム(月額3980円税別)

青色の帳簿作成が出来るのは、スタンダードとプレミアムかなと思います。

元は、月額980円のみでしたが、2016年5月から↑3種の値上がりプランが発表されました;;
(2016年5月以前に登録された方は、2017年5月まで月額980円で利用できるそうです。)
無題
かなりいい会計ソフトだと思ったんですが、私が登録して2~3ヶ月後に値上がり発表とは・・・orz

スタンダードプランとプレミアムプランの違い


大きな違いは、電話サポートがあるかどうかではないかと思います。
私はプレミアムプランに1ヶ月だけなったことがあるのですが、
確かに電話サポートは良かったです(/ω\)

freeeには、チャットサポートと電話サポートがあり、
スターター・スタンダードもチャットサポートは可能です。

ただ電話サポートは、サポートの人が質問者の操作画面を見ながら指導してくれます。
なので、うまく言葉で説明できなくても、画面を見ながら、「あぁ○○ですか?」みたいな感じで
気が付いてくれたりして、会計ソフトがさっぱりな私でも説明しやすいと思いました。
月額料金は高いんですけどね・・・orz
チャットで聞いてもわからない質問がたまってきたら、
1ヶ月だけプレミアムにして、すぐ元のプランに戻すのがいいかもしれません;;


このまま月額980円でスタンダードが使えたらすごくいいソフトだと言えるのですが、
月1980円は、さすがにきついですね;;
今年はfreeeで行くつもりですが、来年からはMFクラウドか弥生を検討しないといけないかも・・・。
うーん、スターターで何とか青色の帳簿が作れないかな・・・;;

ソフトは本当にとても使いやすいので、月額980円なら文句なしなんですがねorz
あ、それか、スターターで取引の登録だけしておいて、
帳簿の印刷の時に1ヶ月だけスタンダードにしようかな?
これで出来そうか、今年の分の確定申告で試してみたいと思いますヽ(´▽`)/




このソフトに向いている方は・・・、
■ たくさんのポイントサイトから入金があるので、手入力が大変。
■ 自分でエクセルなどで帳簿を作るのはちょっと;;
■ 経費をどう入力したらいいかわからない;;
また、クレジットカードやネット銀行などで、経費の支払い(ドメイン・テンプレート・通信費・家賃など)をしてる方は、ソフトを使えばだいぶ楽だと思います。



freee登録はこちらから




 カテゴリ
 タグ
None

~ポイントサイト確定申告のために~記帳指導(1回目)

前回の記事
青色申告の無料で受けられる記帳指導に申し込んでみました
で、申し込んでいた、記帳指導に参加してきました。

私は、「個別指導方式」となりました。
税理士さんが家に来て下さり、1対1で記帳指導してもらえます。

個別で指導を受ける前に、先に一度、講義を受ける必要があると言われ行ってきました。

講義会場には50人ぐらいの人たちが集まっていて、一緒に講義を受けました。

内容は、白色・青色含めて、ほぼ初めての人に向けた内容。
あと、お店を営業している人向け?の内容が中心っぽくて、
ネット収入のことには全く触れられませんでしたが、とりあえず聞くだけ聞きました・・・。

講義が終わったら、確定申告で知りたいことや、
使っている会計ソフト(弥生やfreeeとか)などのアンケートを記入して終わりました。
大体2時間くらいです。

確定申告の資料をもらいました。
簿記の記帳の仕方、じっくり読んだつもりですが全然頭に入らず右から左;;
ていうか会計ソフトがあれば、これそんなに覚える必要無さそうですが・・・w

PAP_0092_2016082004374422d.jpg

とりあえずこの漢字ばかりの言葉に慣れようと、繰り返し目を通してみました。



講義の後、何週間後かに○月○日に記帳指導にお伺いします~と電話が来て、
税理士さんに来てもらいました。

ちょっとビックリしたのは、アンケートにネット収入やポイントサイトのこと書いたのですが、
「あの~、ポイントサイトっていうの?全然わからなくてねぇ~」って感じで、
また最初から説明し・・・あと、
「会計ソフトfreee?初めて見るねえ~。使ってたとしても皆さん弥生ですからねぇ~。」
と、言われました。私は何のためにアンケートに答えたんだ;;;

とりあえず、freeeで作成した帳簿を見せたのですが、
「うん~、こんな感じでいいんじゃない?」って言ってもらえてほっとしました。
でも、税理士さんによっては、違うこと言われるかもしれませんがヽ(´Д`;)ノ

青色申告する際、必要な帳簿は、
仕訳帳・総勘定元帳・現金出納帳・当座預金出納帳・小口現金出納帳・売上帳・仕入帳・受取手形記入帳・支払手形記入帳・商品有高帳・売掛金元帳・買掛金元帳・固定資産台帳と、いっぱいあるらしいんですが、

ポイントサイト確定申告の場合、
仕訳帳・総勘定元帳・現金出納帳・当座預金出納帳、
があれば、いいんじゃない?って言われました。

私は会計ソフト「freee」のスタンダードプラン(月額980円)のを使用しているのですが、
無題
総勘定元帳・仕訳帳と、現金出納帳や当座預金出納帳の代わりに、
現預金レポートがあれば良いと思うと言われました。

会計ソフト使ってて良かったです;;
取引を登録さえすれば、これらの~~帳ってのが、自動的に完成するので;;
取引の登録も簡単で、銀行口座と経費に使用しているクレジットカード等を、
紐付けすれば、何回かクリックするだけで登録完了します。
(発生主義なので、発生日の修正と、振込手数料が発生したときは修正しなければなりませんが。)
紐付けを去年終わらせてたんで、今年の帳簿は8月分まで1~2時間くらいで出来ました。
し忘れがなければですが・・・ヽ(´Д`;)ノ

ポイントサイトの100%還元が経費になるかどうかについて、
ちょっと微妙であるという情報もコメントなどで頂きまして、
気になったので改めて尋ねてみたところ、「詳しい人に聞いてみますね」
って回答でした。
最初から詳しい人が来てくれれば・・・??;;wとちょっと思ってしまいましたが、
近くにいらっしゃらなかったとかですかね。

っていうか、税理士さんが最後ぼそっと、
「まぁ僕らも収入が多くない人を細かくチェックするほど暇じゃないんで・・・。」
と言っていました。爆弾発言?!間に受けていいのかわかりませんが・・・(/ω\)
余程おかしいとかじゃなければ、大丈夫でしょうかね?
それでも、100%還元のユーグレナとかを全部経費にしたら、
1年で経費20~30万になりそうなんですが、それでも大丈夫かしら;;
7年経過してみないと、大丈夫とはっきりわからないのが何とも・・・。

個別の記帳指導は4回に渡って行ってもらえるそうです。
とはいえ、ポイントサイトの確定申告は、お店を経営している人の確定申告とかより、
だいぶ簡単らしいので、4回も必要ないんじゃない?とも言われました。
でも、せっかく 無料 で、4回指導してもらえるならフルに使いたいので、
4回きっちり来てもらうことにしました・・・(/ω\)
 カテゴリ
 タグ
None
スポンサーリンク

 
Copyright © オススメお小遣いサイト!ネット収入実績ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます