中央アジアと東ヨーロッパの境界にある「カスピ海」に多く生息し、卵がキャビアとして加工される魚とは?


ポトラ(アンニンのエブリデイクイズ)7/22

中央アジアと東ヨーロッパの境界にある「カスピ海」に多く生息し、卵がキャビアとして加工される魚とは?


問題
中央アジアと東ヨーロッパの境界にある「カスピ海」に多く生息し、卵がキャビアとして加工される魚とは?

ネコザメ
チョウザメ
カスザメ
ネムリブカ

正解は、チョウザメ

正解すると、1、5、10、15、20、50、100ポイントのいずれかがランダムで獲得できます。
関連記事