ポイントサイトの確定申告について、税務署に電話して聞いてみました。

ネット収入は、大まかに給与所得がある方は、年間20万以上
給与所得がない方(専業主婦・無職)は、年間38万以上 で、申告が必要らしいです。
必要経費などを差し引いて、金額を下回ったら払わなくてもいいみたいなんですが、それでも申告はしないといけないそうです。

電話する前に知ったのですが、地域によって違うんでしょうか?本当によくわからないですね;;確定申告。
検索して下調べしては見たのですが、調べれば調べるほどちんぷんかんぷんになっていきます@@;

あとやっぱり税務署の人、ポイントサイト知らないんですね。
説明しても「あっそう。ポイントサイトって儲かるんやねえ。そんなに儲かるの?」と興味を持たれたご様子ww

色々説明してたら、「へー、会員登録するだけで50円もらえたりするの、何で?」とか、100%還元案件の説明すると「へー、そんなのあるの何で?」とか色々逆に聞かれましたけど、何か面白かったww説明大変だったけどww
確かにそうですよね、私も最初何で?とか思いましたもん・・・。

「その100%還元ってさぁ、企業は何の得があるの?」とか聞かれて、「それはですね!自分の商品を知ってもらうための初期投資じゃないでしょうかね?テレビCMとか高い広告料払ってるじゃないですか。でもそれよりも、商品をバラ撒いて実際に自分の商品を使ってもらうほうが、効果があると思う企業が多いのではないでしょうかね?」と、企業側でも何でもない私が勝手に推測して答えてみましたww



前置きはこれくらいにして、(いつも長い前置きorz)色々質問してみました。

~質問内容~
ポイントサイトで貯めたポイントについて、以下の内容のどれが確定申告対象??雑所得??になるか聞いてみました。


①ネットでポイントサイト経由で、楽天市場などでショッピングすると、例えば1万円分購入すると、100円のポイントが貯まります。この100円分もらえたポイントは?

②ネットで100%還元の商品を購入。
この100%還元広告というのは、条件がありまして、例えば商品初購入者とかですね。それで、条件を満たしている人がその商品を買うと、例えば5000円の商品なら、後日ポイントサイトから5000円分が100%全額ポイントでキャッシュバックされるんです。この5000円分のポイントは?

③ポイントサイトでゲームをして獲得したポイントは?

④ポイントサイトに掲載してある広告に申し込むと、もらえるポイントは?(例えば、無料会員登録やカード発行とか)

⑤ポイントサイトから送られてくるアンケートに答えて、獲得したポイントは?

⑥ポイントサイトで記事を作成すると、獲得できるポイントは?(例えば、げん玉クラウドとか)

⑦ポイントサイトをブログで紹介し、登録する人がいるともらえるポイントは?

⑧ポイントサイトでもらえたポイントを、現金ではなくどこかに寄付した場合は?
また、現金ではなくAmazonギフト券や、図書カードなど、現金じゃないなら対象外になる?

⑨ポイントサイトで貯まったポイントは、現金に換金した時点で対象?
それともポイントが貯まった時点で対象?


電話で質問したい内容をメモして聞いてみました。

事前にネットで調べたんですが、①や②のポイントは多分「雑所得」ではなく「値引き」らしいです。
例えば、楽天市場で1万買い物して、100円分のポイントが付く。これは所得ではなく、値引きらしいと・・・そうなのか、難しいな~~。


ですが、①から聞いてみると・・・。

税務署「あぁ、お金もらってるんでしょ?雑所得じゃないの?」

私(な、なんて適当な返事なんだ!)

私「あ、でもですね、ネットでグーグルとかで検索してみたら、値引きなんじゃないかと思ったんです。」

税務署「・・・・・・・。あ!そうかも。」


最初適当に追っ払われそうになりましたけど、何とか一通り聞いてもらえました。
「今の時点では、私もポイントサイトというのがよくわからないので、調べて後日返答します。」と言われました。

その時はそのまま電話を切りましたけど、調べるってどうやって調べるんだろう。まさかグーグル検索・・・なわけないかww
しかしポイントサイトの確定申告って微妙ですね。人によって確定申告必要と言われたり、不必要と言われたりしそう。
揺るぎない回答って得られるんでしょうか。境界線が曖昧な気がする。実は必要ないお金とか払わされたら嫌だな・・・。




~税務署の答え~
すべて雑所得になる そうです。

なぜ①②が「値引き」にならないのかも聞いてみました。

税務署「というのはですね。私の方でポイントサイトというのを調べてみましたところ、値引きというのは本来買った商品の値引きに対応するものでありまして。つまり今日タバコを500円で買ったら、このタバコを20円値引きするとか。でもポイントサイトは、この20円のポイントを、タバコ以外、つまり現金に変えたり、別の商品を買ったりすることも出来るわけです。ただ、まあこういうポイントサイトって、ポイントの有効期限あるみたいですね。6ヶ月使わなかったらポイント失効とか。そういうのを雑所得とするのも酷かなという考え方もあるんですけど・・・。」

税務署「それに、例えばTSUTAYAとかあるじゃないですか。ああいうのに会員登録して、何かオマケをもらうとか、ああいうのは一時的というか1回限りというか、なんですけど。ポイントサイトは、広告がたくさんあり、繰り返し繰り返しいろんなところに会員登録をして、たくさんポイントをもらうこともできるでしょう。」

私「でも値引きという人もいますよ。税務署さんで対応する人によって見解が違うのですか?」

税務署「確かに、アフィリエイトは雑所得というはっきりとした答えがあるのですが、ポイントサイトは少々複雑でして、正直なところこちら(税務署)の対応がまだ追いついていないところではあります。」

私「では、別の人に聞いてみたら、違う回答が返ってくるかもしれないのですか?」

税務署「それはありません。現在の国税税務局(っていってたかな;;うろ覚え;;)は、こういった見解になっております。」


税務署「あとですね。ポイントを獲得した時と、獲得したポイントを現金などに変えたとき、どちらが対象になるのかといいますと、現金などに変えたときになります。」

私「わかりました。ありがとうございました。」


何だか釈然としない答えだった。

ただ税務署って 管轄地域 というのがあるらしくて、もしかしたら地域ごとに違うかもしれないので、皆さんは一度問い合わせたほうがいいのかもしれません。

もしかしたら私の地域だけかもしれないので。

・・・

・・・そうか違う地域に問い合わせてみよう。

~別の地域に問い合わせた回答~

税務署「①のショッピングでもらえたポイントは、値引き・・・かもしれないですね。後は雑所得になるんじゃないでしょうか。」

税務署「あとポイントは、現金に変えた時点で対象ですね。ポイントを持ってるだけでは対象ではないですね。」

私「ポイントサイトの確定申告の基準というか、雑所得の基準というか・・・は、違う管轄地域だと基準が違うことはありますか?違う回答が返ってくることはありますか?」

税務署「いえありません。・・・というよりあってはなりません。ですが、お話を聞いていると正直雑所得に値するか微妙なところもあります。本当に20万以上も儲かってるんですか??」

私「はい;;」

私「でも、実は別の税務署に電話したんですが、少しですが、違う回答になりました。あと、ネットで調べてたら、無料会員登録で得たポイントや、カード発行で得たポイントも雑所得対象外と言われた方もいらっしゃるみたいなのですが。本当にその回答で間違いないですか?」

さすがにちょっとムッとした感じで返事されちゃいました↓
税務署「ですから、正直微妙なところがあってですね・・・。本来どこの管轄地域に問い合わせても同じ回答になるはず、いえならなければなりませんが、微妙なところがあるので、もしかしたら少し違う回答がかえってくる可能性はあります。」

(うん、これが聞きたかった)
(でも、こういう回答は確かに立場上まずいから、本当は判断基準が微妙なのにもかかわらず、しっかりとした雑所得基準が有り、給与所得者で年間20万以上の収入があれば、申請してくださいと言い切ってるから、違和感があるんだ)

私「・・・でもポイントサイト会員数って総合で500万人以上は軽く超えていると思うんですが、本当にご存知ない?誰も質問してこられなかったんですか?」

税務署「私の記憶の限りでは初耳ですね。まぁ私はポイントとか興味ないですから。」


私「微妙かぁ・・・。でももし申告しなくて実はそれが20万超えていると判断されたら、過去数年くらい?遡って+α支払いをさせられるんですよね?」

税務署「私の立場上は、20万を1円でも超えたら申告してくださいと申し上げるしかありません。ですが、判断が現状は微妙なので、20万を少し超えたくらいでは、そういったことはないかと。」


税務署「ただですね、ポイントサイトの紹介ですか?紹介ポイントはアフィリエイトの報酬に当たるので、これは対象ですね。」

私「はいーありがとうございました。」

紹介はアフィリエイトの報酬と同じような感じだから、これは確実に申告の対象になりそうですね。
ブログライター(記事を書いてお小遣い)も・・・。
ゲームでもらえるポイントもかな。

微妙なのはショッピングでもらえるポイントと、100%還元かなぁ・・・。


あ、というか去年確定申告について悩んでいた記事→これです

を書いた時に、記事を読んでくださった方が、現金に変えなければ申告しなくていいですよ!と教えてくれたので、年内の換金額をギリギリ20万以内に抑えていました。

申告は来年からにしよう。

今年は来年に備えて、100%還元の領収書とかこの前買ったパソコンの領収書とか、もしかしたら必要経費で計上出来そうなのは全部領収書無くさないように置いておかねば。
税務署の人には、領収書の提出はしなくていいと言われましたけど、もし申告時に不審に思われたりして提出を求められたら、あった方がいいだろうし・・・。

しかし20万を超えそうになったら、換金を来年に持ち越すといいみたいですね~ヽ(´▽`)/
来年の申告額は増えますがw
来年は20万超え微妙ではなく、がっつり申告が必要なくらい稼ぐつもりだからいいのですがヽ(´▽`)/

追記:コメントでも沢山の情報が頂けました。ありがとうございます。ぜひコメント欄もご覧下さいm(._.)m

関連記事
アフィリエイト確定申告の疑問点を解説してくれるオススメ動画ヽ(´▽`)/
初めて確定申告(白色)に行ってきました。苦戦していますorz
開業届を提出してきました
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None