私はクレジットカードの審査に落ちるようになってきています。
それは無職だからだと思うんですが、クレヒスのせいとかじゃないよね?
と思って、ちょっと確かめてみようかと思いましたw
CIC(クレジットカードの個人の信用情報が調べられるらしい)で、
自分のクレヒスを調べてみることにしました。

窓口だと500円 で安いんですが、一番近くて大阪だったので、
インターネットで開示することにしました。

こちらから申し込みました。
自分の信用情報を確認・インターネット開示(パソコンで開示)

インターネットだと1000円 かかります。
クレジットカード払いできるのですが、私が愛用している楽天カードは使えなさそうだったので、
VIASOカードで1000円支払いました。
ご利用できるクレジットカード一覧

あとは、PDFファイルさえ開ければOKだそうです。
プリンターがあると、印刷もできます。

最初は、Google Chromeから申し込もうとしたんですけど、
PCの方は、IEかedgeじゃないと申し込めませんみたいな画面になって、IEからやり直しました;;

やり方は、手順も書かれてあるのでそんなに迷いませんでしたが、
「初回開示」と「再開示」の違いがよくわかりませんでした。
再開示というのは、パスワードがわからない、キャンセルしてしまった、見る前に画面を閉じてしまった、などでPDFファイルが開けず報告書が確認できなかった場合は、必ず96時間以内に「再開示」して下さい。
と書かれていました。

確かに、私もパスワードを見ずに、うっかり画面を閉じそうになったんですが、
一回画面を閉じちゃうと、もう見ることが出来ないみたいです。
その場合は、「再開示」として、もう一度申し込みをやり直す必要があります。

再開示の手数料は無料ですので、初回開示で失敗しちゃっても、
再開示として96時間以内にやり直せば、
手数料はもう払わなくていいですよ~ってことみたいです。

ちなみに、パスワードは申し込み完了後の画面に書かれています。
無題

申し込み自体は、10分くらいでできましたヽ(´▽`)/




早速PDFファイルを開いて、自分の信用情報を確認してみました。

これは私の楽天カードの支払い状況なんですが(クリックで拡大できます。)
無題
ちょっと見えにくいのですが、こんな感じで 「$」 のマークが並んでいるので、
延滞せずちゃんと支払えていることが表されています。
(たまにマークなしで空欄にする会社もあるらしいです。)

もし延滞した場合、違ったマークがつき、
そのマークは審査でマイナスポイントになるそうです。
(影響力はどのくらいかわかりませんが)
マークは2年間残ります。

支払い金額なども見れました。金額も多い方がいいらしい?です。
無題
私は公共料金は楽天カードで払っているし、
100%還元もこのカードなので、結構金額は多いと思いますw
ポイントサイトやってると、100%還元とかをクレカで支払うので、
簡単にクレヒス(クレジットカードヒストリー)が作れますね!

私よりももっとクレカ発行されているお友達もいらっしゃいますが、
クレヒスがいいのかもしれませんね。



ちなみに、こちらが私の初年度年会費無料のスヌーピーカードです。
契約年月日が平成25年の11月、報告日が平成26年の7月 になっていることから、
平成25年の11月に申し込んで、平成26年の7月に解約したようです。
(報告日は、何か動きがあった最新情報の日付みたいです。
カード決済した日とか、解約した日とか。)
無題
あれ、私の記憶では発行後翌月くらいに解約した覚えがあるんですが・・・w
そういえば、スヌーピーカード発行すると、ギフト券1000円がもらえたんですが、
そのギフト券が中々来なかったのと、初めてのカード解約でうだうだしてしまって、
中々解約の電話ができなかったことを思い出しました;;w

でも意を決して電話したら、全部音声ガイダンスで終了して拍子抜けした覚えが(/ω\)
スヌーピーカード解約しました。簡単すぎて驚いた

信用情報は、解約しても解約日から5年間残されるという情報がありましたが、
その情報通り、保有期限は平成31年の6月になっていました。
無題
カードを解約したという情報も、少し審査でマイナスになるみたいですが、
平成31年6月になれば、カードを解約した情報は削除されるみたいです。



そして、こちらが先日解約したばかりの、ノーローンのカード情報です。
今月解約したところですが、終了状況でも「完了」と書かれているので、
解約したことが確認できました。
無題

保有期限は平成33年5月となっています。うん、解約日より、5年間ですね。
無題




ちなみにですが、カード申し込み情報は、半年間残るそうです。
審査に落ちた情報も、半年間残ります。
A社のカード審査に落ちた!→B社のカードで再チャレンジした場合、
「この人はA社で落ちたのか。何かあったのかな。リスクはさけて、ウチも落とそう」
といった理由で、落とされる確率が高くなるらしいです。

よく、カードの審査に落ちたら、半年間開けたほうがいいと言われるのは、
このことからではないかと思います。

私も、2015年9月に、「カード申し込みのみで12000円もらえる」広告があって、
カードに申し込みましたが、審査に落ちました;;
ですが、2016年の6月の今日見たところ、その情報は消えていましたので、
ネットでよく言われている情報通り、半年間で消えることが確認できましたヽ(´▽`)/




それで、CICは利用した方がいいのか考えてみたのですが、
無料なら利用をオススメしますが、有料なので、特に必要はないと思います。
あくまで私の考えですが;;w
情報も、大体、想像していた通りの情報が載っていましたし。

ただ、何でかわかんないけど、カードの審査に落ちる;;って時は、
このCICを利用してみると、原因がわかるかもしれませんヽ(´▽`)/
そんな時はオススメです。


私はカードの審査に落ちるようになってきたから、利用してみたんですが、
私はクレヒスも良い方で(多分)、カード解約情報も2件のみだし、
うん、悪くないかもってことが確認できて良かったです(/ω\)

関連記事
 カテゴリ
 タグ
None